2013年09月30日

お鍋:ル・クルーゼ(Le Creuset)


新婚生活で新しい生活がスタートするにあたり、
奥様がこだわりを見せたい調理器具の一つです。

ここでは有名はル・クルーゼのお鍋に関して紹介します。



ル・クルーゼはプロの料理人やフードコーディネーターからも人気が高いブランドです。
ル・クルーゼはフランス北部にある人口3000人ほどの小さな村、フレノワ・ル・グランで生まれました。
鋳物産業が盛んな村で、200年以上にもの歴史があります。
丈夫な作りで大切に使えば一生物になる調理器具です。

ル・クルーゼのお鍋の特徴


・弱火の調理が基本のため、ガス代、電気代が節約できて経済的です。
・弱火の調理のため、料理を焦がす心配が少ないです。
・保温性が優れていて、料理が冷めにくい。出来立ての料理がいつでも頂けます。
・特殊なホーロー加工で耐久性に優れています。(大切に使えば一生ものにもなります。)
・オーブンやIH電磁調理器にも利用できます。(電子レンジにはご利用できません。)
・デザイン性に優れているため、キッチンインテリアとしてもお洒落です。

良い点が多いル・クルーゼですが、欠点と言えばその重さかもしれません。
重厚感がある分他の鍋と比較してちょっと重いです。
しかしそれを上回るメリットがあるからこそ今も多くの人に愛されているお鍋なんですね。

ル・クルーゼのサイズ選び


ココット・ロンドの場合を基準にすると
・16cm 1人〜2人分
・18cm 2人〜3人分
・20cm 2人〜4人分
・22cm 3人〜5人分
・24cm 4人〜6人分
・26cm 5人〜7人分
の目安があります。

2人から始まる新婚生活ですが、長く使える製品のため、20cm以上は欲しいところかと思います。
また新居に友達を呼んで料理を振る舞う時の事も考えても人数分より少し大きめがいいですね。

国内正規品と正規輸入品


国内正規品
ル・クルーゼジャポンからの日本仕様となります。
日本の高温多湿な気候に合うよう鍋に錆止のコーティングがされています。
しかし最近では正規輸入品にも同じように錆止のコーティングがされるようになりました。
※錆止は永久的なものではなく、使用後のお手入れがです。

正規輸入品
国内正規品より色、サイズなどのバラエティが多いです。
物によっては国内正規品よりも安く手に入る場合もあります。

ル・クルーゼの種類と選び方


ル・クルーゼのお鍋はほぼすべての種類において
「煮る」「炊く」「蒸す」「焼く」「炒める」「揚げる」の調理法が可能です。

ココット・ロンド
マルチに使える定番のロングセラーシリーズ。
初めてル・クルーゼをご利用される場合はココット・ロンドがお勧めです。レッド・オレンジが定番カラーで人気が高いです。



ココット・ロンドの一覧

ココット・オーバル
楕円形の形をしています。お魚やお肉、チキン(一羽)を大きなまま調理する時に便利です。
パスタやアスパラガスなどもそのまま入れることができます。
同じ幅のロンドと比較して深さがあります。



ココット・オーバルの一覧

ココット・ジャポネーズ
日本向けに開発された製品です。
高さが低い設計のため、皆で囲いながら食べる鍋料理やすき焼きなどの和食使いに便利です。
勿論パエリアやリゾットなどの洋食にも大活躍します。
熱源に当たる面積が広い分、火が通るのが早いということも特徴です。



ココット・ジャポネーズの一覧

この他にもル・クルーゼには色々な種類があります。
是非ご自身にあった1品を探してみてください。

ル・クルーゼの関連商品


スパチュラ
シリコン素材で−40℃から250℃の耐熱温度があります。
大切なお鍋やストーンウェアを傷つけず静かに調理できるのが特徴です。
ル・クルーゼのお鍋に合わせて選べるカラフルなキッチンウェアです。



ル・クルーゼのスパチュラ一覧

ル・クルーゼの取扱い店


スタイルキッチン ル・クルーゼの正規日本仕様が40%OFF
dairy3 楽天ショップのキッチンジャンル等で1位になったことも。
スポンサーリンク

【調理器具の最新記事】
posted by 空 at 15:24 | Comment(0) | 調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。