2013年10月08日

家計簿のカテゴリ一覧と分類の仕方、よくある疑問


家計簿のカテゴリ一覧と分類の仕方、よくある疑問に関してです。

家計簿のカテゴリー一覧


家計簿のカテゴリー(科目)に正解はありませんが、
一般的に良く使われている内容をご紹介します。

私の家の場合、小分類までは管理が煩雑になるので分けていません。
家計簿の目的であるお金の流れを把握するという意味では、
小分類まで細かく管理する必要もないと思っています。

また分類は一貫性が大切ですが、
人がすることなので、間違えることがあっても仕方がないと思います。
そのうちに慣れてきますし、まずは漏れなく家計簿を付けることが大切かなと思います。


住居費
小分類:家賃、住宅ローン、駐車場

水道光熱費
小分類:電気、ガス、水道

通信費
小分類:携帯電話、インターネット、固定電話、新聞

携帯やスマートフォンの普及に伴い通信は昔と比べて高くなっていますね。

食費
小分類:食料、飲料、お菓子、外食

医療費
小分類:通院費、治療費、薬代

交通費
小分類:ガソリン、電車の切符・定期、タクシー

被服費
小分類:衣服、クリーニング

教育費
小分類:学費、塾、習い事

交際費
小分類:冠婚葬祭の出費、会費、会社の歓送迎会

保険費用
小分類:生命保険、自動車保険、貯蓄型年金

税金・社会保険費
小分類:国民年金、雇用保険、所得税

娯楽費
小分類:旅行、映画、本、雑誌

私の家では普段は別のカテゴリになるけど、
お洒落なレストラン、お洒落な洋服、お洒落な雑貨など
いつより贅沢をした時の出費は娯楽費としています。


生活・日用品費
小分類:生活日用品、雑貨、家具、化粧品

生活日用品とは洗剤、歯磨き、シャンプーリンスなどの消耗品などがあります。
化粧品は大分類として美容費というカテゴリーを作り、
エステや美容院なども美容費として管理される方も見えられます。

その他
小分類:無

分類訳が難しい場合にあると便利です。


家計簿の分離でよくある疑問



家計簿を付ける時に疑問に思う点と考え方に関してQA式でご紹介します、
家計簿のつけ方にこれが正解というものがあるわけでないため、
考え方の参考としてご覧いただければと思います。

Q
食品スーパーで食品と同時に洗剤、シャンプーの日用品を購入した時の分類は?
A
レシート単位で家計簿を付ける場合(私の家はそうしています)、
金額が多い方で分類する方法があります。
食品の金額の方が多い場合 : 食費
日用品の金額の方が多い場合 : 生活・日用品費


Q
化粧品の分類は?
A
こちらも分類に迷う項目です。一覧の例では記載しませんでしたが、
女性の化粧品、美容院、エステなどは「美容費」として大分類を別にされる方も見えられます。
私の家の場合
化粧品、美容院 : 生活・日用品費
エステ : 娯楽費
にしています。


Q
旅行に出かけた時のガソリン代は「娯楽費」or「交通費」?
A
娯楽費としても交通費としても良いと思います。
ただガソリンは全て交通費と決めれば、
分かりやすく家計簿に一貫性が保てると思います。


Q
会社の付き合い飲み会は「娯楽費」or「交際費」?
A
交際費と娯楽費の分類が難しいところですが、
歓送迎会などの必ずある行事は交際費。
その他同僚同士の飲み会は娯楽費とする考え方があります。

安易に交際費にしてしまうと必要経費のようなニュアンスとなり、
節約を考える時に削りずらくなったりします。

スポンサーリンク

posted by 空 at 22:54 | Comment(0) | お金関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。